フィンペシアの副作用とリスクのない育毛成分がわかるサイト

前立腺がん

フィンペシアに含まれるフィナステリドには、薄毛治療効果がある一方で、悪性前立腺がんを誘発する副作用のリスクがあります。

フィンペシアは悪性前立腺がんを誘発する?米国・カナダの発表

アメリカFDA(日本の厚生労働省にあたる機関)は、フィナステリドの副作用として、悪性の前立腺がんを誘発する可能性があるとの調査結果を公表しました。

フィナステリドとは、前立腺肥大症や前立腺がんの治療に使用される「プロスカ―」という薬の有効成分。同時に、薄毛治療薬でもあるフィンペシアやプロペシアの有効成分でもあります。

またその後、カナダ保健省でも同様の調査結果を発表しました。アメリカの発表を発展させ、「若い人ほど前立腺がんの副作用の可能性が高くなる」と補足も。

2つの大国が、国として公にフィナステリドによる前立腺がんの副作用を認めた形です。

アメリカFDAは、この調査結果に基づき、「プロスカ―」や「プロペシア」など、フィナステリドを含む薬の添付説明書に、前立腺がんのリスクを明記するよう勧告しました。

これら副作用は、5mgのフィナステリドを長期服用した場合に見られたとのこと。5mgのフィナステリドとはプロスカ―を指しており、1mgしか配合されていないフィンペシアやプロペシアを指しているわけではありません。

ただし、フィンペシアやプロペシアもまた同じ成分を含んでいる以上は十分に注意すべきという意味で、アメリカFDAは勧告に踏み切っています。

日本におけるフィンペシア・プロペシアの使用者にとって、今一度考えるべき重大な調査結果になりました。

前立腺がんの検査数値の大幅な変動

前立腺がんの副作用とは別の話ですが、フィンペシアやプロペシアを服用中の人は、前立腺がん検査の数値が大幅に狂います。

そのため、実際に前立腺がんを持っていても、数値結果だけで正常と判断されてしまう可能性があります。これもまた、前立腺がん発症のリスクと言っても良いかも知れません。

服用中の人ががん検査を受ける際には、必ずフィンペシア・プロペシアを使用している旨を医師に伝えてください。

 
知らないと怖いフィンペシアの副作用