フィンペシアの副作用とリスクのない育毛成分がわかるサイト

初期脱毛

フィンペシアの副作用の一つ、初期脱毛。なぜ逆に髪が抜けてしまうのか?その理由を解説しています。

フィンペシアの副作用で髪が抜ける?

フィンペシアの副作用の1つとしてあげられるものに、初期脱毛があります。育毛のために薬を飲み始めたのに、毛が抜け始めるのは、ものすごく不安なことではないでしょうか?

実際に、フィンペシアを飲み始めてから抜け毛が増えたという不安な訴えなども見かけます。薬を飲み始めてから2週間から1ヶ月くらいのころから、この症状が出始めるようで、初期脱毛という言われ方をしています。

発育のサイクルの変化による脱毛症状

この症状が起こる理由は、諸説あるのですが、頭髪のヘアサイクルが変わるからというのが有力です。

発毛後の毛髪は、成長期→退行期→休止期というサイクルを繰り返していて、毛髪が正常であればは成長期が一番長くなっています。AGAなどになっていると、このヘアサイクルが乱れ、成長期が短く、休止期が長くなっています。

まだちゃんと成長していない状態(産毛の状態)なのに、抜けてしまい、そうすると長く休止して生えてこないというリズムになってしまっているのです。

フィンペシアを服用し始めると、AGAによって起こる抜け毛を抑制するために、このヘアサイクルが一時的にリセットされ、正常に戻ります。

つまり、ヘアサイクルが乱れていた時に生えてきていた毛がリセットされて、生え変わるという訳です。抜け毛が増えるということは、薬の影響が確実に出ているという証拠でもあります。

毛が抜けてしまう…と不安になって服用をやめてしまうと、本来のサイクルで毛がはえてくるかも確認することができなくなってしまいます。

ただ、場合によっては、初期脱毛の症状が長期にわたって継続する場合もあるとのこと。その場合は、専門クリニックに相談するのが賢明です。

副作用無く薄毛・抜け毛対策ができる育毛剤をランキングで発表!

 
知らないと怖いフィンペシアの副作用