フィンペシアの副作用とリスクのない育毛成分がわかるサイト

肝機能障害

フィンペシアが持つ肝臓への副作用について解説します。

フィンペシアには肝機能障害のリスクがある?

フィンペシアには、副作用として肝機能障害のリスクがあると言われています。

日本病院薬剤師会では、フィンペシアの主要成分であるフィナステリドの摂取によって見られる副作用のうち、肝機能障害を唯一「重篤な副作用」としています。

まだ国内では臨床的に確認されていない副作用ですが、唯一「重篤」という冠をつけて医学会から公にされているわけですから、高い信憑性があると考えてよいでしょう。

医療現場にいる看護師からも、フィナステリドが原因と思われる重篤な肝機能障害の症例を見ることがあるとの声も上げられています。

ただ、そもそも飲み薬というのは、どんなものでも肝臓に負担を与えるものです。広い目でみれば、フィンペシアが他の薬に比べ、際立って肝機能への高い副作用を持つというわけではないかもしれません。

その真偽は未だ不明です。

フィンペシアか肝臓を侵すメカニズム

フィンペシアが肝機能障害を引き起こすメカニズムについては、未だ解明されていません。

厳密に言えば、日本国内では臨床的に確認されていないため、医学的な観点からメカニズムを明言することはできないということです。

先に触れたように、飲み薬は肝臓で分解されるため、どんな飲み薬でも肝臓へ負担を与える要素は持っています。したがって、個人差が悪いほうへ現れた場合には副作用も起こり得るのです。

フィンペシアに限らず、薬の服用によって表れる肝臓への障害のことを、薬物性肝障害と言います。

肝機能が低下しているときは服用を避ける

フィンペシアによる肝機能障害の副作用を避けるためには、肝機能が低下しているときには服用しないことです。

もとから何らかの慢性的な肝機能異常を持っている人は服用しないほうが良いでしょう。また、アルコールをよく飲む人も避けたほうが良いでしょう。

肝臓は、沈黙の臓器と呼ばれています。何らかの自覚症状が現れた場合には、すでに末期に至っている可能性もあります。

肝臓に自信のない人は、フィンペシアの服用は避けたほうが無難です。

 
知らないと怖いフィンペシアの副作用