フィンペシアの副作用とリスクのない育毛成分がわかるサイト

頭痛・腹痛など

なぜフィンペシアを服用すると頭痛・腹痛などの体調不良が起こることがあるのか?副作用の原因を検証しています。

フィンペシアの副作用で頭痛などの体調不良に?

フィンペシアの副作用は全体の1%から5%と言われ、重篤なものはほぼないとも言われますが、長期服用が前提であるだけに、体調不良が続くということも考えられます。

実際に、頭痛、腹痛や下痢、胃の不快感など、いわゆる体調不良といった副作用の報告もあるそう。通常は軽い症状で済むようですが、毎日のことなので、やはり気にかかります。

特に肝臓機能への障害は、他の影響よりも大きいものにあげられていて、症状でいうと、倦怠感、食欲低下、吐き気などといった体調不良だけでなく、AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GTPといった、肝機能に関わる数値が上昇するようなことも報告されています。

肝機能が落ちている人などは、より影響をうけやすいと考えられますから、服用には注意が必要になってきます。また、服用し始めて、このような症状があらわれた場合には、医師に相談する必要があるでしょう。

女性は特に注意が必要

女性には男性以上に重大な副作用があると言われるフィンペシア。特に妊娠中の方は、男子胎児に異常があらわれる可能性もあると言われます。

フィンペシアの有効成分は、皮膚からも吸収されると言われているので、薬のコーティング剤が、割れるなどしてはがれていると、触った時に吸収してしまう危険もあります。

その他にも未成年の男性も、安全性や有効性が確立されていないので、服用は禁止されています。やはり男性ホルモンを抑制するものですから、成長期にある男性が服用するのは避けるべきというのも納得できます。

安心の育毛成分が豊富な育毛剤ランキングはこちら

 
知らないと怖いフィンペシアの副作用