フィンペシアの副作用とリスクのない育毛成分がわかるサイト

精力・性欲の減退

一部のフィンペシア利用者から、副作用の一つとして挙げられている精力・性欲の減退(ED)。その理由を検証しています。

フィンペシアの服用でEDに?

フィンペシアの副作用には、いくつかのものがあげられますが、その中でもちょっとインパクトのあるのが、「精力・性欲の減退」です。

それってホントなのか?と気になりますが、サイトでフィンペシアを服用した人がそのようにコメントを寄せたりしているところを見ると、まったくないことでもないのでしょう。

男性の脱毛には男性ホルモンが関係します。そこで男性ホルモンを抑制し、脱毛を抑止するというのが、フィンペシアに含まれるフィナステリドという成分の働きです。

男性ホルモンを抑制するというところから、性欲も減退してしまうだろうと考えるのも納得の理屈です。

しかしながら、性欲に関係のある男性ホルモンは、テストステロンという男性ホルモンの一種が関わっているのですが、フィナステリドは、このテストステロン自体には影響がないことがわかっているそうです。

つまりは、フィナステリドの男性ホルモンの抑制という働きは、性欲とは直接の関係はないと言えるということ。

ではなぜ性欲減退が副作用としてあげられているのでしょう。

性欲というものが、単純に男性ホルモンだけの影響で起こる物ではないからと考えたほうが良さそうです。

痛みや違和感が関係?

わかりやすい症状として、フィンペシアを飲み始めると、睾丸に痛みが出ることがあることはわかっています。

これは、服用開始当初には、抜け毛に関係のある男性ホルモンであるDHT(ジヒドロテストステロン)の濃度が急激に低くなることが影響しています。

睾丸症状としては、痛みや重さなどの違和感があげられますが、こんなことも性欲減退につながるのかもしれません。

安全に薄毛・抜け毛対策ができる育毛剤BEST5はコチラをクリック!

 
知らないと怖いフィンペシアの副作用