フィンペシアの副作用とリスクのない育毛成分がわかるサイト

胎児・子供への影響

フィンペシアは、妊婦および子供が飲んではいけません。その理由を解説します。

胎児に重大な副作用が生じる可能性あり

妊娠中の女性は、絶対にフィンペシアを飲んではいけません。フィンペシアに触ってもいけません。

フィンペシアを使用している男性は、妊娠中のパートナーが誤ってフィンペシアを飲んでしまったり、触ってしまったりしないよう、厳重な管理をしてください。

なぜなら、フィンペシアは、男性ホルモンを抑制して薄毛を防止する薬であり、男性ホルモンを抑制することで、子供の発育に問題が生じるリスクがあるためです。

妊娠中のお腹の中には、急速に体を形成している胎児がいます。

もしこの胎児が男の子だった場合、男性ホルモンの作用による、しかるべき成長が必要ですよね。

男性ホルモンの働きといえば、男性らしい体つきや、オスとしての生殖器の健全な形成・維持などが挙げられますが、胎児の体を形成する大事な時期に、もし妊婦がフィンペシアを体内に取り入れた場合、男性ホルモンの抑制作用によって胎児の体に奇形が発生する可能性があるのです。

奇形の主な例としては、生殖器の形成不全が挙げられます。

注意したいのは、フィンペシアを体内に取り入れる経路。服用しなければ良いというものではありません。

薬には、経皮摂取と言って、皮膚からも薬効成分が吸収される性質があります。整形外科などで処方される湿布薬が経皮摂取の典型です。

通常、経皮摂取による思わぬ事態を回避するために、タブレット型の薬の外面は別の成分でコーティングされていますが、ジェネリックや輸入ものの医薬品の場合、コーティングされているとは限りません。

したがって、妊婦は、服用するのはもちろんですが、念のため触るのも避けておいたほうが良いでしょう。使用者も妊婦が誤って触らないよう、厳重に管理すべきです。

成長著しい子供は服用しないこと

子供はフィンペシアを飲んではいけません。特に成長期がまだ続いている段階の男子は、飲むことはもちろん、なるべく触らないようにしたほうが良いでしょう。

成長期の男子がフィンペシアを服用してはならない理由は、胎児とほぼ同じです。すでに生殖器は完成に近い状態ですが、体はまだまだ成長段階。

大事なこの時期に男性ホルモンを抑制してしまうと、男性としての健全な体の形成になんらかの影響を及ぼさないとも限りません。

誤って子供が飲んでしまわないよう、使用者は十分注意してください。

 
知らないと怖いフィンペシアの副作用