フィンペシアの副作用とリスクのない育毛成分がわかるサイト

発ガンリスク

ガン発症のリスクがあるフィンペシアイエローの副作用について解説。個人輸入で入手したフィンペシアに関しては、特に注意が必要です。

フィンペシアの副作用による発ガンとは?

副作用というには、かなりのインパクトなのが発がんのリスクです。髪の毛が生えたとしても、ガンになったのでは代償が大きすぎますから。

なぜAGA治療薬であるフィンペシアに発がん性があるのでしょうか?

フィンペシアはプロペシアというAGA治療薬と同じ成分を含むジェネリック医薬品です。同じ効果が期待できるのに、非常に価格が安いということで人気が高い訳ですが、ジェネリック薬品はまったく同じものではありません。成分は同じでも使用しているものが違います。

発がん性が副作用としてあげられているのは、コーティング剤に使われている着色料「キノリンイエロー」が原因です。「フィンペシアイエロー」とも呼ばれています。

キノリンイエローは、日本国内では化粧品などへの添加は認められていますが、食品への添加は禁止されている物質です。禁止される理由としては、小さな子供の摂取に関する研究結果があるなど、人体への影響がわかっているからですが、発がん性に関しても疑いがあるとされています。

というのも、キノリンイエローはタール色素の一種で、タール色素には、はっきりと発がん性が認められているものがあります。

すべてのフィンペシアが危険なのか?

では、すべてのフィンペシアが発がんの危険があるのでしょうか?医薬品として流通しているのに?

こたえはNOです。キノリンイエローを使っていないものもちゃんとあります。

パッケージにキノリンイエローを使用しているかどうかの表示がされているので、確認することができます。

もちろん、人気がある薬ということで、個人輸入では粗悪品があるのも事実で、パッケージ表記の正確さも微妙なものもあるということは、意識しておく必要があると思います。

 
知らないと怖いフィンペシアの副作用