フィンペシアの副作用とリスクのない育毛成分がわかるサイト

体毛が濃くなる?

フィンペシアのせいで体毛が濃くなった、逆に、薄くなった、などという声を聞きます。その噂は本当なのでしょうか?

フィンペシアを飲むと体毛が濃くなる?薄くなる?

現在のところ、フィンペシアによる体毛への影響は確認されていません。

フィンペシアによる副作用で体毛が濃くなった、あるいは逆に薄くなった、という声を聞くことがありますが、これらはほとんどが当人の思い込みや錯覚です。

体毛の濃さは男性ホルモンの量に左右されます。男性ホルモンの分泌量が過剰であれば、体毛は濃くなり、女性ホルモンが多くなれば薄くなるのです。

男性ホルモンは、5αリダクターゼという酵素と関わることで、薄毛の原因物質の生成を促していますが、フィンペシアは、男性ホルモンに対してではなく、この5αリダクターゼに働きかけるもの。

なので、男性ホルモンが減ることも、女性ホルモンが増えることもないため、体毛が濃くなったり、薄くなることはありません。

つまり、フィンペシアは、体毛を濃くも薄くもしないということです。

なぜフィンペシアと体毛の関係が誤解されているのか?

フィンペシアが体毛に影響を与えると誤解されている理由には、二つあります。

一つ目は、上で説明した「男性ホルモンを減らす」という誤認が、「相対的に女性ホルモンを増やす」という論理を経て、「体毛を薄くする」という誤解に至っているということです。

二つ目は、別のAGA治療薬であるミノキシジルの副作用が現れている可能性があるということです。

ミノキシジルとは、頭皮への塗布や経口摂取によって薄毛を治療する薬。血行促進から育毛効果を狙っているため、場合によっては全身の血行改善によって体毛が濃くなることもあります。

AGA治療を行っている人の中には、より治療効果を高めるべく、フィンペシアとミノキシジルを併用している人も少なくありません。両方を同時に処方するクリニックも多くあります。

ミノキシジルの副作用として体毛が濃くなったことを、フィンペシアの副作用と誤解しているということでしょう。

 
知らないと怖いフィンペシアの副作用