フィンペシアの副作用とリスクのない育毛成分がわかるサイト

AGA治療薬と育毛剤はどちらがベスト?

AGA治療薬(フィンペシア、プロペシア、ミノキシジル)と、頭皮や髪の有効成分を含んだ育毛剤ではどちらを使うべきか。それぞれのメリット・デメリットをもとに検証してみました。

AGA治療薬と育毛剤のメリット・デメリット

■ AGA治療薬のメリット・デメリット

男性の脱毛症であるAGAの治療が一般的になってきたのは、フィンペシア、プロペシア、ミノキシジルなどのAGA治療薬が、日本でも利用されるようになってから。

それまで、脱毛を病院で治療するということはなかったので、抜け毛や薄毛で悩む人には画期的なことでした。

ただ、AGA治療薬には副作用も報告されていて、治療にはそのリスクを把握したうえでのぞむ必要があります。飲み続けることで着実な効果が期待できる反面、デメリットもあるのです。

■ 育毛剤のメリット・デメリット

一方、チャップアップやブブカといった育毛剤は、天然由来の育毛成分をベースにしているものがほとんど。副作用のリスクはなく、髪や頭皮への負担も最小限なので、使い続けることへの負担はまったくありません。

現在は海藻エキス、センブリエキス、ノコギリヤシエキスなど、高い効果が期待できる成分も多くあり、効能の面でもAGA治療薬に劣らないレベルといえます。

メリットは多く、リスクは最小限の薄毛・抜け毛対策が育毛剤なのです。

AGA治療と育毛剤の費用考察

AGA治療と育毛剤の費用についても調べてみました。AGA治療は自由診療なので、クリニックによって金額に大きな差があります。

以下に大よその目安を挙げてみましょう。

・治療薬を個人輸入して独自に治療  月々 1000円~9000円

専門クリニックでの治療 初期費用/20,000円~30,000円 月々/10,000円~30,000円
治療薬を個人輸入 月々/1,000円~9,000円

フィンペシアなどのAGA治療薬を個人輸入すると、費用は格段に安くなりますが、品質についての保証はまったくありません。つまり、服用は自己責任。上で説明した副作用のリスクはより大きくなるため、使用には慎重さが求められます。

市販の育毛剤の費用はというと、月々/7,000円~10,000円がおおよその相場です。

多くの育毛剤は、定期的に購入すると割引があったり、特典などがあるので、結果的にAGA治療薬より割安で使えるものもあります。

結論として、薄毛、抜け毛対策に長期で取り組むことを考えると、安全性・コストパフォーマンスの両方で育毛剤のほうがメリットは大きいといえそうです。

 
知らないと怖いフィンペシアの副作用